(5/19)スクールレポート

本日は、ライブレクチャーを行いました!

『シュートストップのプレー分析』について取り組みました!

ゴールキーパーの中で試合中、一番多くを占めるシュートストップ。

シュートストップの中で、必要となる幅広いダイビングの種類やポジショニングにフォーカスして行いました!

グラウンドで一番始めに習うよりも、レクチャーを通して技術を少しでも知っておくと柔軟に理解できます!

 

○ダイビングの種類

まずはダイビングの種類を学びました!

ダイビングの種類は、基本的に6種類あります。

ダイビングを一つとして考えると、プレーに幅がありませんよね。

目まぐるしく変化するゲーム中には、ゴールキーパーの判断は試合を左右します。

「構え・ポジショニング・連携・プレーの選択etc」

プレーの幅を大きく持つ事で考える質が大きく変わります。

さらに上を目指していく為には『時間の使い方、質』は非常に重要になってきます!

 

○アングルプレー

次にアングルプレーについて学びました!

『シュートされるボールに対して適切なポジションを取り続ける一連の動作のこと』をアングルプレーといいます!

要するに、シュートストップのレベルを上げていく為には、アングルプレーはとても重要ポイントだということになります。

アングルプレー時の、プライオリティ(優先順位)を理解し、目のやりどころを特に意識しなければなりません。

グラウンド練習でさらにアングルプレーの質を高めていきましょう!

本当に優先順位は大切です。

 

○映像でプレー分析

最後に、実際のシュートストップ時の映像を観てプレー分析を行いました。

今回は、ゴールキーパーがシュートを止めた映像を観て『止められた要因』を話し合いました。

失点の原因を考えることも重要ですが、止められた理由を考えることも重要になります。

いずれも、分析する事がゴールではなく『自身のプレーに活かすこと』が何よりも重要なので、両方の原因を考える事が欠かせません。

選手も少しずつ『プレー前の重要性』を理解してきていますので、分析の質も上がってきています!

 大切なのは、その判断の質をグラウンドで表現できるかです。

さらに良くなる為に突き進んでいきましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください