(7/7) スクールレポート

本日は雨天の影響を考慮し、ライブレクチャーに変更して行いました。

7月から新たに取り組む『ブレイクアウェイ』のプライオリティ・使う技術の理解をテーマに取り組みました。

①ブレイクアウェイとは、ゴールキーパーの起こり得る場面の4つの内の1つです。

意味としては、『相手のスルーパスやドリブルによってDFラインを突破された状況のことをいいます。直訳すると「切断する」です。相手のそのような突破を断ち切る』という意味になります。

②ブレイクアウェイのプライオリティ(優先順位)

ブレイクアウェイの状況は、プライオリティを意識して対応する事が大切になります。

例えば、1対1の状況で前に出るか出ないかの判断で迷ってしまい、ゴールを決められるシーンがあります。それは、プライオリティをしっかりと理解していない為に起こります。

試合は頻繁に想定外の事態が発生します。

しかし、判断材料があればそういった事態にも柔軟に対応できるようになり、その瞬時の判断の差がゴールキーパーの差に繋がります。

『第一に何を考えて、その次は何を考えるのかといった部分を順を追って取り組みました!』

③ブレイクアウェイで使う技術について写真を基に確認

相手の間合いや狙いに対して技術を使い分けることによって、ストップの成功に繋がります。

まずは、細かいポイントよりも写真で確認し、「どういった技術の形があるのか?」という部分を理解しました。

次回トレーニングで実際に取り組んでいきます!

④プロの1対1のシーンを見て分析

最後に実際にプロ映像を観て、プライオリティの理解を深め、選手の中で「どの部分が良かったのか」について意見を出しもらいました!

偶然止められる事は少なく、様々な理由が関係して止めることに繋がります。

『どうして止められたのか・どうして止められなかったのか』

その部分を活動を通して理解して行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください