(3/29) 第2回プレスクールレポート

3月29日にトドロキフットサルガーデンにて、第2回目プレスクールを開催しました!

 

小学生4名・中学生1名の選手の方に参加していただきました!

 

本日のテーマは、『フロントダイビング』

前回のプレスクールは基礎的な内容だったので、GKスクールって実際何を取り組むの?といった部分に触れてもらいました!

 

ブレイクアウェイの状況(1対1など)の1つのフロントダイビング!

フロントダイビング(奪うこと)をまず狙っている事が重要となります!

技術の幅を多く持つことで必然的にストップ率もアップします!

 

ウォーミングアップ!

少し寒いこともあり、2グループに分けてビンゴを作る競争ゲームを行いました!

 

まずは、一番低いところから!

フロントダイビングを一番低いところから取り組みました!

ダイビングを取り組む際は、ローリングダウンをまず取り組む必要がありますが、その場合も「地面に近いところから段階を踏んで立った状態に移していく」ことがポイントになります。

『キーパー!』としっかり声を出して全員で取り組みました!

 

次は、2つの選択肢を持ちフロントダイビング!

オフェンスが触りにいくボールよりも先にフロントダイビング!

声を出すこと!最短でアプローチすること!踏み込みを良い場所ですること!

相手・判断が求められるメニューでは少し難易度が高くなります。

しかし、反復することで意識的が無意識になっていきます!

 

次は、攻守の切り替えを合わせたトレーニング!

ディフェンスラインの背後にボールが出てきた想定で相手より早くボールを奪いにいく!

ボールを奪えたら、次は何ですか?

攻撃ですよね!ボールを奪った瞬間には攻撃がキーパーから始まります!

 

だからこそ、『奪うこと』はとても重要です!

 

最後は、シュートにチャレンジ!

最後は、フロントダイビングでボールを奪った後、ボールがこぼれたことを想定し、同方向からシュートにアタック!

フロントダイビングでは、声も始めよりも大きくなり迫力が増していました!

キーパーである以上、相手を威圧できると自分に有利になりますよね!

フロントダイビング後のシュートのシーンは、前回取り組んだオーバーハンド・アンダーハンドが少し出ていました!

ダイナミックなダイビングはもちろん大事ですが、「体を運ぶこと・正対すること」を大事にすると、ダイビングの幅も広がっていきます!

 

 

今回のプレスクールは、少し難易度が高いメニューでしたが「キーパーとは?」といった所に触れていただけたのではないでしょうか。

次回から、本格的にスクールがスタートします。

全力でレベルアップしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください